<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

うなぎの日。

 うなぎの日、「上見屋」からうなぎが届く。 しつらいが良かったので御紹介。

 娘は「うな丼」。うなぎは半身。
a0125305_0592426.jpg

a0125305_0594918.jpg


 坊主は「子供用うな丼」。 切ったうなぎに卵焼き付き。
a0125305_105627.jpg

a0125305_11829.jpg


 大人は「うな重」。 
a0125305_113332.jpg

a0125305_115959.jpg


 上見屋のうなぎはソウルフード。祖父が大の鰻好きで、鰻が食えなかった僕の分もしっかり一人前注文して呉れ、都合二人前を食べていた。
a0125305_153491.jpg


 上見屋の店先の蓮。
a0125305_162148.jpg

 
 今年も御馳走様でした。
 
by t-h-arch | 2012-07-27 22:56 | 日常

本家のお社。

 過日竣工した本家の亡くなったお祖母さんは島根のご出身、嫁いで来られた折に、故郷を離れる娘を心配されたご親族が神様を託して来られた。
 旧本家解体前は母屋裏側のお社に祭られていたが、母屋建替えとともに移設の運びとなり、ついでにお社も新しくしようかと話していた。
 
a0125305_11532023.jpg


 弟子の手でこんなやさしい(小さい、の方言)お社が出来た。
 出雲の神様は気に入って呉れるだろうか、、。

 
by t-h-arch | 2012-07-26 22:47 | 木工

ビール旨し!

 何だか毎日、居酒屋メニューな我が家。
a0125305_1555331.jpg


 今日は苦いと謳われているビールにしてみました。
a0125305_1564136.jpg


 苦いのも旨かったです。
by t-h-arch | 2012-07-24 22:04 | 日常

子供用椅子。

 お祝い用に注文頂いた、子供用椅子。
a0125305_14414012.jpg


 完成。
a0125305_14424516.jpg


 この椅子は工房で昔から使っている自家製スツールのバリエイション、スツールは背もたれが無く脚の長さは全て短い。 
 ミズメで組まれ、アセンで塗装されていたものの材料を栗に変え、背もたれも平に木を使うようにした。

a0125305_14454851.jpg

杣工房の椅子らしい木取りは弟子による、今回は少しホメねばなるまい。
by t-h-arch | 2012-07-18 20:40 | 木工

名古屋F邸 料理研究会。

 名古屋覚王山のF様邸にて、料理研究家・栗原友さん御指導による料理研究会。
a0125305_13571036.jpg


 食堂も厨房も適度に使用感が出て来ていい感じ、やはり「使ってナンボ」だなぁ。
 厨房でスマートフォン扱いは名古屋コンランショップの林さん、色々お世話になりました。
a0125305_13592899.jpg


 本日のメニュ、キッチン前のタイル壁にペタ。
a0125305_1423570.jpg


 栗原さんのレクチュアの始まり。
a0125305_143410.jpg


 藤澤邸奥様は今日はホスト&アシスタント、このエプロンは流石!
a0125305_1443510.jpg


 食材も色々、厨房も生き生きと見える。
a0125305_1473717.jpg

a0125305_1474843.jpg


 さて出来上がり、まずは前菜のサラダ。
a0125305_1494559.jpg


 1皿目「タイ風鶏の唐揚げ・ガイトート」と「揚げ春巻き・ネムザン」
a0125305_141141.jpg


 2皿目「あさりの焼きビーフン」
a0125305_14115648.jpg


 3皿目「グリーン・カレー」
a0125305_14165286.jpg


 リコッタ・チーズのデザート。
a0125305_14175114.jpg


 そして談笑。 満腹だと話もはずむ?
a0125305_14193526.jpg


 作らせて頂いたお宅にこうして伺い、使って頂いている様を拝見できるのは至福だ。
 広々とおおらかな居間、食堂、厨房のフロアを使いこなして頂き本当に有り難く思う。

 この会は「女子会」なので、参加させて頂いたのは弟子。
 お土産に頂いたグリーンカレー、我が家の食卓にのると途端に風合いが変わるのもまた面白かった。 美味しかったです。
a0125305_14233489.jpg


 
by t-h-arch | 2012-07-12 22:54 | 建築

つながるベンチ、その2。

 つながるベンチを屋外で撮影してみた。
a0125305_11584165.jpg


a0125305_120131.jpg


a0125305_1202389.jpg


a0125305_1205198.jpg


a0125305_12151.jpg


a0125305_1212979.jpg


a0125305_1214588.jpg

by t-h-arch | 2012-07-11 20:57 | 木工

また居酒屋メニュー。

 晩飯は居酒屋っぽいメニューにしてくれるというので、準備を少し。
a0125305_1194557.jpg

a0125305_1194759.jpg

 井戸蓋もまだ健在。
a0125305_1202727.jpg


 夕方になって急なお誘いがあったが、それなら家に飲みに来いと逆に誘って座敷飲み。
a0125305_122033.jpg


 主菜は土木店若親方、koikazさん丹精の枝豆、旨い!
a0125305_1225628.jpg


 栗きんとん「すや」大奥様手製のラッキョ、最近坊主によってかなり消費される。
a0125305_12575.jpg


 「キリン一番搾り」のおまけのビアジョッキと、ヤマニシ店主特製の「ボラの子の味噌漬け」。
a0125305_1263981.jpg

a0125305_1282088.jpg


 所用で遅れた弟子も参加、弟子は普通のアルミジョッキ。
a0125305_129227.jpg
 

 シメは「メルバーン・カレー」だ、と言っていたら、カレーだけ食べにやって来るお客も居て、深夜まで盛り上がった夜になってしまった、、、。
 ご馳走様でした。
by t-h-arch | 2012-07-10 23:48 | 日常

つながるベンチ。

a0125305_1115295.jpg


 何を作ってるかと言うと、、、。

a0125305_1124947.jpg


a0125305_1125489.jpg


 つなげて延長出来るベンチなのでした。
a0125305_1134479.jpg

a0125305_1142488.jpg


a0125305_1143531.jpg


 これはコンセプトモデルなのですけどね、、。
by t-h-arch | 2012-07-09 21:10 | 木工

七夕2012。

 七夕の飾り。
a0125305_17970.jpg

a0125305_172139.jpg

a0125305_17204.jpg


 今年は近年珍しく、雨が降らなかった。 七夕の笹も、お飾りもよくもちました。
by t-h-arch | 2012-07-07 20:05 | 日常

岐阜へ。

 久しぶりに岐阜市に出掛ける。

 最初に訪ねた先は「(株)櫻井銘木店」。杣工房先代から面倒を見て頂いている。
 そんな御縁で、先の名古屋の現場も御紹介頂き、今回はその別途請負工事として当工房が単独で請け負う和室廻りの材料について相談に伺った。

 無理なお願いは重々承知で、社長・櫻井弘二さんに、材料のおおよその寸法、数量は提示するので、木寄せからおおまかな木取りまで引き受けて貰えないかとお願いすると、ご快諾を頂き早速幾つかの材料を見せて貰う。
a0125305_0201944.jpg

 天井材用の杉のスライス板。片木板(剥ぎ板)のようにザックリと載せたような天井を作るには最適な材料だ。

 造作材にどんな樹種を使うかはとてもデリケートな問題、多分櫻井さんは僕の性分や今迄の経験を熟知して居られるので、選択肢の範囲から好みまで上手く誘導して下さるようなところがあり、僕も地元ではなかなか口に出来ないような木使いを相談出来るので誠に有り難い。
 いつも一緒に仕事をしている弟子でさえ、普段あまり耳にしない材料や、それをそこに?といったような想定外の使い方がさも普通なことのように会話に出てくることに戸惑っている様だった。

 材料については一段落、今後の予定を打合せ、食事に誘って頂く。
 行き先は近くの河畔の複合店舗、ランチメニュからカレーを頂く。
a0125305_033921.jpg


 この施設の木製品を扱うショップに櫻井さんの店から見事な板のサンプルが提供されている。偶然過日弟子と「塩地(梻)」について話していたので、最近見かけない塩地のサンプルを見てその特徴の話をする。
a0125305_0361635.jpg

a0125305_0364282.jpg

 外材の栓やタモとはやはり一線を画する木味、旧くの「沢栗」の好みはこの木目からしか感じ取れないように思う。

 お暇するつもりが、再度お店に寄り雑談。話の内容は砥石や、鋼や、簡易製材機や、チェインソーや、毎度のこと乍ら多岐に及ぶ。

 櫻井銘木店をお暇し、「中嶋祥雲堂」へ。以前頼んで頂いた木工の集金をしてお茶道具を見る。
 伊藤慶二さんの湯呑み。
a0125305_0444166.jpg

 前から狙っていた高岡銅器の花入れは売れてしまっていたが、新たに祥雲堂店主・中嶋康夫さんが仕入れた手が角張った花入れがとても気に入った物だった。
 バァさんからの頼まれものを買い、「ガレージ社長」の店「岐南オートサービス」へ。

 岐南オートへ着くや否や、ガレージ社長のおかしな趣味・木工の作品を見せられる。
a0125305_0494784.jpg

a0125305_0501199.jpg

a0125305_0501278.jpg

 いったい、ここの社長はナニ屋なんだ、、、。

 本業の方も綺麗な車が入庫してたのでパチリ。
a0125305_0541618.jpg

a0125305_052351.jpg

a0125305_0544014.jpg

a0125305_0544140.jpg

 VOLKSWAGEN SCIROCCO GTI  シロッコⅡはやっぱりいいなぁ、、。

 コーヒーを頂きお暇する。岐阜・芥見から付知まで丁度1時間半で帰る。
by t-h-arch | 2012-07-04 00:10 | 建築