<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

冷や汁。

 冷蔵庫に入っていた、残り物の味噌汁を冷飯にかけて食べていて、冷や汁を思い出した。
 ヨメは東京で食べて大層旨かったと言い、弟子は九州の人間なのに食べたことが無いと言う。
 作り方は色々あるらしいが、ここは僕が習ったやり方で。

 ゴマを摺る。
a0125305_22582133.jpg


 アジを塩焼きにして、身をほぐし、加える。
a0125305_2259729.jpg


 具材(キュウリ、茗荷、青じそ)を切る。
a0125305_2301333.jpg


 地味噌を加えて、よくあたる。
a0125305_2311026.jpg


 擂り鉢にならしてくっつけて、バーナーでゆっくり炙る。
a0125305_232498.jpg


 冷やした出し汁を注いで、具材を入れ、ゴマを振る(茗荷、青じそは子供が敬遠するので、後入れ、ちょっと残念)。
a0125305_234586.jpg


 炊きたて御飯を冷ましたものにぶっかけて食べる。
a0125305_235369.jpg


 作るのに(久〜〜しぶりに再現するのに)一生懸命で何を作るかをあまり告知して無かったので、子供には不安そうに眺められるが、食べてみると、「うまい!!!」を連発、あーよかった。
 
 この食べ物は色んな知恵、創作が含まれている、それがストレートに伝わって来るところが旨さのキモだと思う。

 大量に作り過ぎたのだが、残して冷蔵庫に保管しても全く問題無さそうで、そのようにする。
 果たして、また明日は残り汁を食べることになるなぁ、、。
by t-h-arch | 2011-07-22 22:50 | 日常

土用の丑。

 鰻好きの家族一同(弟子も含む)が心待ちの土用の丑。 鰻は勿論、「上見屋」製。
a0125305_16511554.jpg


 骨せんべいを齧って吸い物を飲むとまた旨い。
a0125305_16521739.jpg


 家族の中で、唯一、そんなに鰻に執着のない僕だが、この両日の何となく鈍とした天気に気分が重かったので、嬉しい夕食だった。

 鰻を食って、週末の試験ガンバレ、弟子!
by t-h-arch | 2011-07-21 23:58 | 日常

名古屋の現場へ。

 台風一過の名古屋へ打合せに。
a0125305_16372221.jpg

 最近は現場近くのデニーズが打合せ場所。場所の提案したのはこちらだが、お客様はファミレスを楽しんで呉れている様子、意外だった、、、。

 打合せ終了後、現場へ。 大きな部分の建方は終わり、内部の鉄骨工事が進んでいる。
a0125305_16434997.jpg

a0125305_16441091.jpg


 今日は現場も涼しかった由、鉄工の職人さんも鳶さんもほっと一息の様子だった。

 
by t-h-arch | 2011-07-21 22:33 | 建築

「森の合板工場」視察。

 同じ町に住む市議から電話があり「合板工場を視察に行かないか」と言われる。
 合板工場とは、付知と隣村の間の山中に竣工した工場のこと、合板製造の大手セイホクグループの各社と県森連などでつくる「森の合板協同組合」が事業主体、つまり森林組合の肝いりで民間会社を補助金によって誘致したという工場。
 この春の震災によりセイホクの生産拠点のひとつである石巻が多大な被害に遭い、なんとなく「こっちに工場を作っておいてよかったなぁ」という流れになってしまっていたが、ここへ来ての視察の機会、お供することにする。
a0125305_15511312.jpg


 原木置き場には唐松や杉、桧などが堆く積み上げられている。最近は近隣の国道でのトレーラーの動きも活発だ。
a0125305_1554094.jpg


 ベニヤ(単板)を原木から採るには大根の桂剥きの要領で剥き採るのだが、大きな鉋でスライスしてベニヤを採るのと同様原木を加熱することで柔らかくして剥き易くする。これは原木を蒸気で蒸すところ、原木から剥かれた樹皮や製造過程での端材を燃料にしたボイラーで蒸気がまかなわれている由。
a0125305_1601783.jpg


 工場内に入るが、工場内は撮影禁止。 オートメーションでどんどん材料が送られ、ベニヤが作られ、プライウッドに成形されていく。
 木材と熱が共存するので火災には特に気を遣っている様子や、長さ2mほどの桂剥きの刃の砥ぎや調整、ラインの高さなど目を見張る点はたくさんあった。

 工場をほぼ一周して見学は終了、記念撮影をして、ペットボトルのお茶を頂く。
a0125305_1682457.jpg


 僕の祖父は戦中、台湾に渡り、合板を作る工場を経営していた。現地の街で祖父は「ベニヤの男」と呼ばれ、それなりのポジションを持っていたようだ。
 僕にとって「ベニヤ」という言葉は、その名称の意味だけではない、何か特別なものを感じさせる言葉だ。木工をしていて、無垢の木材が最良だと言わんばかりのことをしていて、それでも合板に何となくのシンパシーのようなものを抱くのは色々な角度から木に携わってきた家系からなるものなのだろうか。

 この工場が採算を合わすようになるにはかなりの年月がかかることだろう。それに加えて、果たして林業、山にとってこれが良く働くのかどうか、長い目で見守らなければならない。
 そして、長い目で見守る先の為に、僕は違う方向からもっとズームした視点で木、山に関わっていこうと再度思ったことだった。

 視察の間、工場で働くひとの挨拶がとても心地よかったことが印象に残った。
by t-h-arch | 2011-07-20 23:06 |

いすゞ・ファスター。

 基礎屋さんが下見にやってくる。 乗って来た自動車がこれ。
a0125305_1458227.jpg


 4WDなので、「ロデオ」かと思ったら、「ファスター」とのこと。
a0125305_14591089.jpg


 うーん、かっこいいなぁー。 「ピックアップ・トラックとはこうあるべきだ!」とでも言わんばかりの形。 これらが「ビッグホーン」の原型なのだね、、。

 味のある自動車が減っている昨今、うれしい限りだなぁ、、。

 ときに、ボンネットトラックの、荷台3方開きの、4WD仕様のトラックって無いよねぇ。
 今や1t積みボンネットトラックは水辺の遊び用か土建会社用に限られてしまって、本当に使えるものは無くなってしまったなぁ。
by t-h-arch | 2011-07-20 21:55 | 道具

猪BBQ。

 昨日漬けた猪肉を焼いて食べる。 
a0125305_14222574.jpg

 味噌つきなので、年季の入ったジンギスカン鍋で焼いてみる、この鍋は祖父が買って来たものらしいが韓国っぽいマークが入っている。しっかり鍋を焼いてから食材を焼くと、くっつかない。


 味噌漬けの焼肉はなんだか山賊っぽいなぁ。味噌は辛いのだが、自家製味噌の旨さとイヤミの無さのおかげで抵抗無く食べられる。
a0125305_14264839.jpg


 直火で焼くと、味噌の違い(不要な添加物などの有無)がよく判るのだと昔聞いたが、納得出来る。荒っぽい味なのに、家族みんなよく食べる。
a0125305_14282724.jpg


 ロースは豚肉の赤いところの味を濃縮した感じ、臭みは無い。噛み締めると口の中の粘膜を刺激するような硬さが旨さを増幅している。
 ハツはちょっとだけやんちゃな味がするが、味噌との相性は良く、串で焼き鳥風にしてもよかったかなぁ、いずれにしろ、僕が遠慮する程の売れ行き、野菜は肉に付いた味噌で食べるのだが、これもよく食べていた。

 焚き火終了の図。 鍋を掃除してよく焼いて、その作業がまた楽しいものだ。
a0125305_14343714.jpg




 
by t-h-arch | 2011-07-18 22:21 | 日常

猪肉の拵え。

 知り合い宅から電話があり「今朝、猪を捌いたから、とりにおいで」とのこと。
 自慢の自家製味噌や野菜とともに持ち帰り、早速仕込む。

 味噌は擂り鉢であたり、葱、酒を少し加える。
a0125305_21241052.jpg


 創作好きのヨメはレシピには無いセロリも加える。この後人参も投入。
a0125305_21252857.jpg


 肉をスライス、これはちょっと薄過ぎ、、。
a0125305_21263172.jpg

a0125305_21271545.jpg


 これはハツ。これもスライス。
a0125305_2128697.jpg

a0125305_21282919.jpg


 手っ取り早く、ジップロックに入れてなじませる。
 漬けて一晩程度が食べごろとか、、、楽しみだなぁ、、。

 
by t-h-arch | 2011-07-17 23:20 | 日常

川へ。

 今年初の川遊び。
a0125305_21104219.jpg


 「お客さんがくるから行けんよ」と言ったら、朝からふくれっ面の2人組も、予定が変わり満面の笑み。
a0125305_2112309.jpg


 先週、偵察した時には水も太く冷たかった。今日は気温も高く丁度いいくらい。
a0125305_2114244.jpg

a0125305_21143912.jpg

a0125305_21151750.jpg

a0125305_21154070.jpg


 小手始めは「腹ごしらえのもの」も簡単にポテトチップとカルピスのみ。遊んだ子供は塩気に夢中。
a0125305_21171639.jpg


 夕方のお客さん向けに早めに切り上げ帰宅する。まだまだ夏は長い、、、。

 
by t-h-arch | 2011-07-17 23:09 | 日常

暑い日。

 今からこんなに暑くて、どうなるんだろう、、。 

 半夏生はちょっと涼しげだが、、、。
a0125305_20483718.jpg


 坊主は帰って来るとすぐにプールへドボン。
a0125305_20502276.jpg


 遅く帰って来た娘も「新聞屋さん、夕刊持って来た?」と確認後、ドボン。
a0125305_20514688.jpg


 暑いと食欲も減るが、今日は富山のおバァさんから干物が届いたので、海の幸を頂く。
 ノドグロの干物やフグの一夜干し、久しぶりだなぁ、、。合いの手は糠漬けにお向かいの「みさちゃん」の漬けた「キューリのキューちゃん」
a0125305_20541745.jpg

a0125305_20574398.jpg


 〆めは冷やご飯に古漬けのキューリ、冷たい水の「ブブ漬け」。
a0125305_2059094.jpg


 プールとブブ漬けで「生き返ったー!」とは娘の弁、同感!
 
 
by t-h-arch | 2011-07-16 21:46 | 日常

手押し鉋盤が届く。

 新しい(と言っても中古ですが)鉋盤が届く。
a0125305_17344823.jpg


 早速、荷下ろし。
a0125305_17305626.jpg


 宙づりの「KUWAHARA KP-250L-DX」。
a0125305_1733261.jpg


 設置終了。
a0125305_17353876.jpg


 セッチングをしてみる弟子(カブレなのに無理して出て来た、、)。
a0125305_17371930.jpg

 廻してみて、削ってみて、違いに驚く弟子。
 手工具も電動工具も無い、いい道具はいい道具なのだよ、、。


 焼津の「㈲ 鈴木機械」の鈴木さん(左)と納品相棒の佐野さん。
 着くなり、「昨日、工房「悠」さんがお見えになって、付知に納品だと言ったら『早川くんのところだろう』と言われました!」、、、バレちゃってた、、、。
a0125305_17394098.jpg


 遠いところ、わざわざ泊まりがけで(笑)ありがとうございました。
 ガンダムみたいな格好のいい手押し、大切に使いますね。(次は「HATTORI」の軸傾斜だ!)
by t-h-arch | 2011-07-12 17:56 | 道具