2010年 10月 21日 ( 1 )

座板のアール。

 急ぎで頼まれた椅子。座板の仕上を弟子に任せ、仕事時間の終わりかけに塗装を手伝う。
a0125305_151766.jpg


 塗装が終わって、座板のアールの処理をみると、ちょっと甘いかなという感じが、、。
a0125305_16682.jpg


 小言を言いつつ、見ていると何だか懐かしいような気がする、アール部分の面を面取り鉋ではなく、普通の豆鉋でとったのだろう。 先代はアールの面を定規無しでとるのが好きだった、特に大きなアールのものは小刀を使ってとることを好んだ。「定規でとるとなあ、何となく杓子定規で、、」と言っていた姿を思い出し、お客様が先代のファンだということをふまえ、削り直さず、このままにする。
a0125305_1105360.jpg

by t-h-arch | 2010-10-21 22:03 | 木工