友人宅へ

 いつもコメントを呉れる、同級生の「かぁくん」が、近所にある実家に来ると言うので夜伺うことに。
 かぁくんは昔から工作や調理が上手だったが、彼のブログを覗くと40歳過ぎてますます拍車がかかっている様子は空恐ろしくもある程だ。  
 かぁくんのブログ http://dameoyadinoboyaki.blog.so-net.ne.jp/

 かぁくんはウイスキーを飲むので、サントリーの「山崎」を持参したが、居間のテーブルにはもっといいサケが置いてあった。
a0125305_164409.jpg


 昔から料理上手なお母さんがつまみを用意していてくれ、一緒に話す。
a0125305_1662282.jpg


 豆乳で作ったコンニャク(?!)博多の「おきゅうと」のような感じで酒にいける。
a0125305_1681135.jpg


 がんもどき 味付けが絶妙! ウイスキーにはこういうのもいいのよ、流石おかあちゃん!
a0125305_1610091.jpg


 ちょっとつもる話もあったので、2人になってゆっくりと話したが、やはりハックルベリーは昔のまま、会話ははずみ、時間は早く過ぎる。

 お母さんが戻って来られたので見ると、いい匂いのするパンが。
a0125305_16124538.jpg

 ジャガイモのパン、もっちりしていて酒の後に旨い。サイズも小降りで食べ過ぎない。
 子供の頃、何故あんなに腹が減るのかと思う位、夕方になるとお腹がすいていた。かぁくんちに来ると、お母さんのパンがあってシキシマやヤマザキのパンしか通常食べられない僕らは口の中を涎で一杯にしながらここのパンを頂いたものだった。幸せな子供の頃の記憶は決して消えない。

 2人して氷も無しに(途中お姉様が僕らの食道を心配してチェイサーを運んで下さったが)結構な量を飲んでしまったので、パンをお土産に頂き、フラフラと歩いて帰る。
 楽しい晩だったぁー。
by t-h-arch | 2009-10-10 07:25 | 日常
<< 井戸蓋の木取り 勾配定規 >>