koike drumsのこと.3

 ブランド名などと言って浮かれているが、こう無邪気に頼まれると少しはカタチにしてみたくなるのが悪いクセで、、。

a0125305_13512342.jpg


 ヒデくんは発案当初から、5月の連休に付知で毎年行なわれる、木のお祭り「つけち森林(もり)の市」で、ドラムを展示したいと言っていた。
 ただ展示だけじゃつまらないから、ストリートでもいいからジャズくらいのあまりうるさく無い音楽を少し演奏してみたらどうだろう、ブースは杣工房と「ツナガルベンチ」の場所を使えば良いから、と言ってみると、まんざらでもない様子。

a0125305_1461815.jpg


 ヒデくんはいつもはロックバンドでドラムを叩いている一方で、吹奏部出身ということもあり消防音楽隊でのパーカッションとしても演奏をしている、以前から杣工房の展示室兼ライブ小屋「かいがし」でのジャズ・ライブにも脚を運んでもらっていた。ジャズやってみたくない?と聞くと「やりたい!」と言うので、「かいがし」の音楽プロデューサー、原正秀さんに相談に行ってみた。

a0125305_1463511.jpg


 仕事中の原さんを訪ね、お祭りで少し演奏したいんだが、手伝ってもらえないか頼むと「いいよ」と返事が。
 「もう使いどころの無いオレだけど、役に立てるなら笑」と嬉しい言葉も。
 早速、スネアだけが完成したkoike drumsを「かいがし」に持込み、休日の午前中に原さんに相手をして貰う。
a0125305_1634054.jpg

a0125305_14102350.jpg

a0125305_14103733.jpg

a0125305_1417463.jpg


 まだ企画中なのにも関わらず、既に自然発生した応援隊が駆けつけてくれ、ピクニックさながらの雰囲気で、原さんとヒデくんの練習を見守ってくれる。
a0125305_14141664.jpg


 練習は、原さんのベースをヒデくんが追う感じ、「ツクタ、ツクタ、、」というリズムの繰り返しやハイハットの切れを何度も指摘される。

 原さんが、レクチュアの最後に「ヒデくんはいつもはどんなのを演奏してるの?」と聞き、「ファンクっぽいロックが好きです」と言うと「ちょっと叩いてみてよ」と仰る。
 ヒデくんが叩くと、原さんがベースで入り、ちょっとしたセッションになる。これがいい感じで、段々とヒデくんの顔もほころび、聴いている人達も顔を見合わせている。

 「なんか、うまくいくんじゃないの?」と練習を終えて原さんが言った。こんな感じのセッションが木のお祭りの片隅で鳴っていたら気持ちいいだろうなぁと僕も思った。


 
a0125305_14314515.jpg

 遅れて塗装屋さんに入っていたバスドラムやタムも順番に出来てきた。
 塗装を頼まれている「㈲内木木工所」の若社長(兼・職人)、ゆうじくんも段々とコトがヒデくんの趣味の域を脱してきたのが伝わったのか、工房に来るようになった。
a0125305_14315933.jpg



 

 ヒデくんが「ジョイントを強くしたスネアを作りたい」と言って工房に来た。
 練習の際に、原さんに「楽器はなによりも強度が大切」と繰り返し言われていたのを気にしたのかな、と考えていたら、スネア1台分の材料を渡され、「泰輔くん、これを「雇い実(やといざね」で貼付けるようにしてよ」とかなり上から目線でオーダーされた。
a0125305_14433899.jpg

a0125305_14435327.jpg

a0125305_14441732.jpg

a0125305_14444278.jpg

a0125305_14445793.jpg

a0125305_14451792.jpg

a0125305_14452948.jpg



 「つけち森林の市」も近づき、お祭りの実行委員会でkoike drumsの企画書を配布してみた。
 木のお祭りにふさわしい、地元の若い人達が協力してつくっているものだから、ストリートで演奏とかするけど、色々融通して、皆さんに御理解・ご協力を、と求めると他の実行委員からは良さげな反応が、、、。
 よしよしと思っていると、日頃お世話になっている、お祭りの実行委員会長の地区商工会支部長とお祭りの事務局を担当する商工会職員さんから「ちょっと、、」と呼ばれ、「koike druns、ステージでやらないか?」と言われる。聞けば、ステージのアトラクションが一部空いているのだと言う。それは願っても無い、おまけにお祭りの司会は懇意にしている岐阜のFM局のパーソナリティ達、礼を言ってすぐにヒデくんやゆうじくん、原さんに連絡をする。

 FM局のパーソナリティ達は協力を頼むと二つ返事でO.K、「 FM GIFU」の久世良輔くん、志津利弘くんは2013、2014年の「つけち森林の市」で「ツナガルベンチ」イベントを盛上げてくれた言わば戦友、久世くんは前乗りして付知に入り前夜から盛上げて行こうと言ってくれる。

 原さんは「おおごとになったな笑」と言いながらもタイムテーブルに合わせて選曲し、楽譜を用意してくれる。加えて、知り合いの女性ピアニストを呼んでトリオで演奏できるように段取りをしてくれた。

 ヒデくんはひとり汗をかき、「まいったな、、、」などと言っている。

a0125305_15143679.jpg


 ステージ企画はライブだけでは無く、M.Cを取り込んで、koike drumsの製作がどう起きてどう進んで来たかをトークショー形式でライブの合間に交ぜることになった。メンバーは司会の久世・志津両氏と、ヒデくん、ゆうじくん、弟子、+ 演奏をしてくれる原さん達にもコメントをいただくことになった。
 ゆうじくんが工房に来て「どうやってヒデを盛上げたらいいすか!」と言うので、ヒデくんをいつも庇いながら製作の助手をしている弟子と3人で、今回は地域を盛上げようとしている若い人を取り上げてもらってインタビューしてもらって、という企画では無いんだよ、自分達が作ったものを積極的にPRするんだよ、だから照れや謙遜は要らない、なにをヒデくんが作りたくてその過程でのサポートする自分達の感触はどうだったか、素直に言えばいいんじゃないか、と話しをする。
a0125305_15151493.jpg


 演奏がステージで、トリオで、と変更されたので、これはヤバいということで、原さんの友人のピアニスト・桂川知佐子さんに無理を言って練習をもう一度することにした。

a0125305_15413925.jpg

初めてフルセット揃ったkoike drums、スネア以外は椹(さわら)製。

 原さんの選曲はカーペンターズの「シング」、「ジョージア・オン・マイ・マインド」、「酒とバラの日々」の3曲。 原さん秘蔵のローズ・ピアノを弾けると桂川さんも楽しみにして来て下さった。
a0125305_15453471.jpg

a0125305_15454640.jpg

a0125305_15532594.jpg

 ヒデくんの物怖じしない(図々しい、アツカマしい、etc)性分が練習を楽しくしている、判らないことは間を考えずに聞き、教わったことは素直に取り入れる、モタモタなフォー・バースも微笑ましく、ドラムは大きな音で鳴っていた。
a0125305_1558183.jpg

 

 お祭り前日の夜、ゆうじくんと弟子がバスドラムにkoike drumsのロゴを作って貼ってくれ、ヒデくんは仕切りに「かっこいいなぁ、このドラム」と言っていた。
a0125305_15175035.jpg




a0125305_16184322.jpg

 ライブはお祭りの2日目。初日は展示と試し打ちのみで、ヒデくんの友人や近隣ドラマーが寄ってくれる。 皆さん、まずはちゃんと鳴るのか心配して来て下さった感が強く、「ちゃんと鳴るじゃないか、それも意外といい音じゃないか!」とちょっと余分に評価してくれたようだった。

a0125305_1619575.jpg

a0125305_16201181.jpg

a0125305_16231645.jpg


 叩いてもらっていると色々な反応が来る、中でも乳児・幼児からの反応は面白かった
a0125305_16214138.jpg



 2日目、あいにくの雨だったが、ライブ開始時刻には小止みに。
a0125305_16224061.jpg

a0125305_16235080.jpg

 
 写真を撮り忘れたが、予定通りにライブ、トークは進み、会場からの飛び入り参加も盛況、参加者の皆さんと原さん・桂川さんとのセッションもその場をおおいに盛上げてくれた。
ゆうじくんは「世界のkoike drumsに!」と志を語って呉れ、会場は沸いた。

 遠く、東京、埼玉、山梨、大阪、尼崎などから、家族ぐるみでこのライブをわざわざ見に来てくれた人達がいた。みんな昨年、一昨年の「ツナガルベンチ」の参加者だった。

 ドラムを作りたいという思いが、多くの共感を生み、こうしてその出発をたくさんのひとに見て頂けたのは、ヒデくんの人柄が、真面目さが、廻りに連鎖していったからだと思う。
 そこにはそれぞれで自分の生活を楽しむひとが居て、教えてくれたり、世話をしてくれたり、茶々をいれてくれたり、励ましてくれた。
 こうした動きを、ぜひ続けて行かなければならない、そんな気持ちが湧いて出てくるような今回の企画だったと思う。

 最後に、今から6年前、アトラクションとして同じ野外ステージで演奏したヒデくんの写真。
a0125305_16374630.jpg


 この時、こんなことを始めるとはお互い思いもしなかった(当時からタメ口はタメ口だったが、、)。生きているものは侮れない、と強く感じたことだった。  

          -----終了-----



 

 

 
by t-h-arch | 2015-05-25 16:53 | 音楽
koike drumsのこと.2 >>