パイプ椅子・ヴァリエイション。

 昔、食堂などにあった、鉄のパイプにビニール貼りの合板の背板と座板が付いた椅子。
 杣工房先代はそれの板部分を無垢板に取り替えて自宅の食卓用に使っていた。僕も学生時代から捨てられたそのパイプ椅子を見つけると、その時々の材料で椅子に再生し、専ら誰かに使って貰っていた。

 これはそのヴァリエイションのいくつか。
 檜の背と座。 母親がミシン用に使っているもの。
a0125305_23261949.jpg


 これも檜、デザインが違う。 と言って、鉄の部分も1個1個でかなり違うのだけど。
a0125305_23282477.jpg


 こういう木工もかなり好きな部類に入る。
 お施主宅にいくつかお貸ししてたら、鉄の部分だけをたくさん見つけたからといくつかを譲って頂いた。その部品で中津川の蕎麦屋「杉村」の補助椅子を作った。使った感想はまだ聞いていないが、地方の町の、あまり目立たない場所にある蕎麦屋には似合うと思うのだが、どうだろう。

 
by t-h-arch | 2010-10-25 23:20 | 木工
<< いもがいもち。 てっちゃんの鉄板焼。 >>